東浩紀「日本が自己責任の国になってしまったのは社会の甘え体質・タカリ体質に根がある!」

「自力で生活できない人を政府が助けてあげる必要はない」と考える人の割合が世界一高い日本。こんな「自己責任の国」となってしまった理由を東浩紀さんが考察しています。

コメント
「自力で生活できない人を政府が助けてあげる必要はない」と考える人の割合が世界一なのは日本(38%)って事実ヤバいな(米国28%、中国9%)。07年でこうなのだから生活保護バッシングが顕在化した2012年以降さらに高くなってるはず。
buff.ly/2tA2Tu8
いまのRTだけど、これはもはや日本人の国民性というより、なにか教育に根本の失敗がある感じがするね。どうしてこんなに強く「自己責任」の国になってしまったのだろう。
印象論だけど、日本の場合、自己責任を求めるといってもそれ自身が求めらいるのではなく、「そうしないとすぐ甘えるやつが多いから」という防衛的な理由で求められている気がするのよね。それが結果として弱者の厳しい社会を作っている。問題の根幹は、社会の甘え体質、タカリ体質にあるのではないか。
そしてその体質は、官民問わずじつに深く浸透していて、政治家が国にたかり、正社員が企業にたかるだけではなく、独立のはずのアーティストや研究者やベンチャー経営者でさえいつもたかり(補助金)の話ばかりしていて、いかにうまくたかったが自慢になったりする。そしてたかれないと強烈に嫉妬する。
日本が弱者に優しい国になるためには、まずそんなタカり体質を変えねばならないのではないか。そんな風に思います。
@hazuma 生活保護も社会或いは国家へのたかり行為とみなされ嫉妬によるバッシングを受けている訳ですか?
そうではないでしょうか。 twitter.com/eu_oxide/statu…
あーなんか納得。 twitter.com/hazuma/status/…
いいとこ突いているような気がする。 twitter.com/hazuma/status/…
なるほど。一理ある。
権利や自由ばかりを繰り返し教え、自らが社会に何を貢献できるかを考えさせなければそうなるだろうなあ。 twitter.com/hazuma/status/…
これは結構考察しがいのある、面白い示唆。その甘え体質、タカリ体質を社会にもたらしているものは何か。一つの要素は、論理的対話の文化の不在かな、と思ったり twitter.com/hazuma/status/…
@tsuda 小泉純一郎首相(当時・2001-2006)が在任中、声高に「自己責任論」を叫び続けてましたからね。すっかり洗脳された結果がその数字に表れてる気がします。
頑張っても報われていないが、ギリギリ生活出来てしまっている人達が「俺たちはしんどい思いをして、誰にも助けてもらってないのに、あいつらだけ助けてもらうなんてズルい」と思ってるんでしょうか。。 twitter.com/hazuma/status/…
@hazuma 甘え体質と言えば、「お陰さまで」という単語を思い浮かべます。「このわたしがやるのだ」というのでなく、だれかのおかげで、わたくしはなりたっています、という、謙虚ながらもあなた任せで、かつ自己があるのかないのか、わからない、あるいは意図的に不分明にするという戦略
@tsuda 迷惑かけるな、我慢しろ、お前だけずるい の教育が骨の髄まで染み込んでいるのかも。
@hazuma 07年の調査だけでは何とも言えないですが、単に金が無くなってケチになって心が狭くなったのでは…。
自分たちで首を絞めるんだから、、為政家や経営者には都合良い! twitter.com/hazuma/status/…
@tsuda @hirakawamaru 圧倒的に若い人なのかな。世代対立を煽るのいい加減にしてほしい。
自分の力で稼いでると思っても何かにタカってる部分もある。人々がそう意識することで社会は変わるのではないだろうか。 twitter.com/hazuma/status/…
@hazuma 私はまさにたかっている正社員という立場なので、東さんの理屈は頭ではよく理解しながらも、実際に指摘されるとつらいな・・・。
@hazuma 福沢諭吉の学問のすゝめにも日本人は国に依存しすぎって書かれてますけど約150年経って少しは体質改善したんでしょうかね...

コメント

1.
名無しさん

他人のタカりに寛容な人とそうじゃない人がいる。この違いはどこから生まれるのかしら…?

2.
名無しさん

もともとのアンケートでの[助ける]という意味は、保護するという意味?それとも支援するという意味?
日本は社会保障が充実しているし、実行されている。
さらに助ける側に要求してくる者に対して、自己責任という考えはアンケートの結果に近いのではないか。

名前:

文字カラー:

※ログインするとTwitterアカウントでコメントすることができます!(→ログイン

コメントする

話題のトピック!

公式ツイッターアカウント!

新着トピック!

ランダムピックアップ!