【第157回芥川賞】温又柔さんが選考委員「宮本輝氏」の書評に激怒!

第157回芥川賞候補作『真ん中の子どもたち』を書いた温又柔さんが、選考委員の宮本輝さんの書評にツイッターで怒りを表明しています!

コメント
view
どんなに厳しい批評でも耳を傾ける覚悟はあるつもりだ。でも第157回芥川賞某選考委員の「日本人の読み手にとっては対岸の火事」「当時者にとっては深刻だろうが退屈だった」にはさすがに怒りが湧いた。こんなの、日本も日本語も、自分=日本人たちだけのものと信じて疑わないからこその反応だよね。
ええっ。こんな選評が出たのか・・・ twitter.com/WenYuju/status…
こういう感覚ほんーと腹たつし、とにかく悲しい悲しい悲しい!!! twitter.com/wenyuju/status…
「日本も日本語も、自分=日本人たちだけのものと信じて疑わない」
これはずんと腹に響く言葉だ。 twitter.com/WenYuju/status…
これはもう差別発言。 twitter.com/WenYuju/status…
文学賞の審査員が、日本語のことを辺境の貧困言語だと全力で貶める主張をしてるのか。情けない話だ。 twitter.com/WenYuju/status…
恥ずかしく情けない。日本語で感性を表現してくれる人が拡がろうとしているのに。芥川賞の価値を選考委員自らが下げるとはね。 twitter.com/WenYuju/status…
この部分、私も選評を読んで絶句した。まっすぐに声を上げられた温さんの態度は、至極真っ当なものだと思う。 twitter.com/wenyuju/status…
「日本人の読み手にとっては対岸の火事」「当時者にとっては深刻だろうが退屈だった」
第157回芥川賞での温又柔への宮本輝の評。
対岸の火事をいかに切迫なものにするかが表現の想像力だが日本ではそうではなく、この弊は文学に限らないだろう。
b.hatena.ne.jp/entry/twitter.…
案の定、こういう発言をするのは(『文学賞メッタ斬り!』読者にはお馴染みの)宮本輝氏なのであった。慎太郎氏もあの発言を機に辞めたのだから、是非これを機に選考委員を辞していただきたいところ(苦笑) twitter.com/WenYuju/status…
芥川賞でこんなコメントをするのはひどい。これなら文学の価値を根底から否定しているのではないか。経験したことの無いことを追体験できるのが、文学の価値の在り処だと思うけど、「対岸の火事」とはね。
選評の全文を読んでみよう。 twitter.com/WenYuju/status…
「自分にとっては対岸の火事」「自分にとっては深刻だろうが退屈だった」の自分を日本人に置き換えないでほしいな。自分の言葉には自分で責任を持たないと。 twitter.com/WenYuju/status…
この選考委員の発言,芥川賞の価値と権威を大いに損ねる発言だと思うのだけれど,,
こんなことで日本の文壇は大丈夫なのかね.まあ,芥川賞だの「日本の文壇」などに,ぼく自身はなんらの価値も見出すものではないのだけれども, twitter.com/WenYuju/status…
こんな風な言葉でしか捕らえられない文学は廃れると思う。宮本輝さんは蛍川も錦繍も何度も読んで、作品を敬している。けれど、この発言は。 twitter.com/WenYuju/status…
日本人の読み手にとって、ってあたかも自分がそのグループ(日本人すべて)の代表みたいに(誰も頼んでないのに!)差別発言しちゃう人が由緒ある芥川賞の選考委員だなんて泣けてくる。。 twitter.com/wenyuju/status…
「日本の文学賞」ではなく「日本語の文学賞」という意識を持たなければならない。両者の違いに自覚的にならなければならないのだな。 twitter.com/WenYuju/status…
対岸の火事。。。身近に他国にルーツを持つ方がいないと、多くの日本人はそう感じるだろうなぁ。
200年前まで鎖国していた国ですからね、日本は想像以上に閉鎖的な国ですよ。 twitter.com/WenYuju/status…
宮本輝氏に関しては、清冽な初期作品群を貪るように読んだ記憶があるだけに、まるで世界文学と隔絶した異世界に日本文学が生息するかのような発言をするとは…。残念至極です。
twitter.com/WenYuju/status…
@WenYuju そんな発言をする人は、狭い世界の中でしか生きてきていないんでしょうね。日本人の読み手をそんな自分と同じ視野しか持ってないと考えるなんて、読み手に失礼。狭い世界しか知らないことで、知識や想像力が乏しくなっているかもしれないことに気づきさえしない、ある意味、哀れな人かも、と思います。
「退屈」という言葉が出てくるところには、学ぼうとしない姿勢というより、もはや自己防御的な何かを感じる。温さんがんばれ、世の中はそんなに読み取り能力のない人ばかりじゃないよ twitter.com/WenYuju/status…
ほう、そんなクソ批評をする選考委員がいるのか。どんな本だろう。面白そう。買ってみよう。というわけで買いました。クソ選考委員さん、ありがとう。 twitter.com/wenyuju/status…
@WenYuju @account_kkojima 偏狭だなぁ…ある種の日本人を代表している。
島国だし閉鎖的だし保守だし右向け右だしサイレントマジョリティーだし。 twitter.com/WenYuju/status…
@WenYuju とても正直な選考委員だとおもいます。
私は「真ん中の子どもたち」みたいな小説こそ日本人が読むべき作品やと思ったんやけどなぁ… twitter.com/WenYuju/status…
宮本輝氏の発言とのことですが、氏がこのTweetに対してどのような反応をするのか興味深いです。 twitter.com/WenYuju/status…

コメント

1.
名無しさん

単にこの人の小説が感情移入しにくく、退屈だったからでは?
日本語云々、日本人云々は、宮本輝の言い方が慎重さを欠いて
いたのは認めるが。
在日台湾人の作家では、東山彰良の「流」は本当に面白かったよ。
彼は母語が中国語なのにも関わらず、とても読ませる小説を書いてた。
彼女にはそれがなかっただけじゃない?
差別は関係ないよ。昔、彼女の本読んだけど、興味深くは読んだけど、
そんなに引き込まれるものはなかったと個人的には思う。

2.
名無しさん

芥川賞ってどういう賞なの。現に今ウケそうな売れ筋作品を推す賞なの。それとも大衆への教育的効果を狙ったりもしてるの。

3.
名無しさん

他の人の選評を見ても、テーマは重いがそれを面白く読ませるための筆力が足りない、構成力が無い、ってみんな指摘してるね。
今のギスギスした世の中で「日本人は」という表現をしちゃったのは宮本さんのミスだけど、指摘されてる実力不足を棚上げして差別問題に転化して反省することを怠ってるようじゃ、この作家さんもそれまでの人だったってことでしょ。
こんな風に文壇に喧嘩売っちゃったから、もう候補になることもないだろうし、馬鹿だねぇ…

4.
名無しさん

この作家に同調してる作家がどいつもこいつも無名作家ばかりで笑える。
作家としての努力もせず、お上だけを責めてれば自分の実力の無さを責任転嫁できるもんな。
でもそれじゃダメだろ…
何故気付かない…

5.
名無しさん

正直この人の作品何作か読んだけどクソつまんねーよ。
ただ単に実力不足。
対して宮本輝は、差別発言はよくないけど実力は折り紙つき。
差別発言した宮本も、内容はどうあれ寸評してくれた大先輩を晒し上げるようなことしたこの作家も、どっちも性格悪い。
どちらもクズならおれは実力ある人の作品を読みたいねぇ。

6.
名無しさん

温さんは面白くないと言われたことに怒りを感じている訳でないと文脈を読めばわかるのに、上記に書かれたコメントを読んでとても残念な気持ちになりました。

7.
名無しさん

上のコメントの人たちは、宮本輝は温さんのアイデンティティを批判するつもりでなく、単純に面白くないから対岸の火事のように感じてしまったよ(面白ければ迫真にテーマが迫ってきて、メッセージ性を切に受けとれたのに、もったいないな)ということを言いたかったと推理してるんじゃない?
そもそもの前提を温さんもあなたも勘違いしてるんじゃないかな?

8.
名無しさん

面白くないなら面白くないと言えばいい。「日本人にとっては対岸の火事」と書いた以上、批判されるのは当然。日本文学とは日本人文学ではない。日本語文学だ。

9.
名無しさん

クズの発言を無理して正当化するクズにはなりたくない。

10.
名無しさん

まあ宮本輝はファンも多いから無理して擁護する人がいるのも仕方ないでしょ。
温さんも問題提起した以上そういう人たちからの攻撃にあうことも覚悟した上で言ってるんだろうし。

11.
名無しさん

※4
東浩紀は一応三島賞やら受賞してるし星野智幸も大江健三郎賞やら読売文学賞やら多数受賞してる作家だぞ
俺はどっちも嫌いだけど

12.
名無しさん

仮にも審査員に選ばれる作家ならば、もっと言葉の扱い方を考えてほしいね。
差別する意図が無かったと言う人がいるが、相手に伝えられてないのならば、それこそ宮本氏の物書きとしての実力不足では。
大御所だの文壇だのと、手にした地位にあぐらをかいているようにしか見えない。石原氏と同じ。

13.
名無しさん

まあ昔から文学賞の選評委員なんてこんなもんだって。

14.
名無しさん

皆さん賢いのになぜ物事の本質を読み取ろうとしないのだろう?。たった二行ほどの選評をどんな思いで選評委員の重要な立場からあのように「日本人にとっては対岸の火事」だと表現したのか、その真意をくみ取れないのは非常に残念である。

名前:

文字カラー:

※ログインするとTwitterアカウントでコメントすることができます!(→ログイン

コメントする

話題のトピック!

公式ツイッターアカウント!

新着トピック!

ランダムピックアップ!