【まとめ】哲学者スラヴォイ・ジジェクのことをみんなどう思ってる!?

スロベニアの哲学者「スラヴォイ・ジジェク」に関するつぶやきまとめです。

コメント
view
初めてのジジェク氏の本。面白そうだぬ( ︶ω︶)フムフム。 pic.twitter.com/KW3HRUeECA
ジジェク、読んでみたいという気もするし、ジジェクが俺を読めという気もする。
ポモはわりにdisってるけどジジェクの一節はわりと頭にひっかかってるし、行動の指針になることがあるんだよな。
ジジェクがいいのってあいつが動員された群れとしての人間に精神分析を適用するとこで、いわゆる連続殺人鬼の分析みたいな個人への関心が全くないとこなんだよな
ジジェクを読み始めてからというもの、私の肩越しにこの本を覗き込んでいる奴の鼻息が鬱陶しく感じるようになった。マルクスだ。
ラノベなんかはAIで量産ができる、と指摘されてるけど、エロなんかも簡単にできるだろうな。思想でも、ジジェクあたり、簡単にAI化できそうだ。笑
「みんなわかってやってますから」みたいなこと言って正当化するやつ、お願いだからジジェク読んでくれ
私はスラヴォイ・ジジェクがけっこう好きで、彼についての解説書が青土社の現代思想ガイドブックシリーズから刊行されているのだけれど、これはすごい平明かつ詳細で良きものです
@xyx512xyx カントの『純粋理性批判』が難しすぎて、読めるようになるために入門書を漁っているとこです。
自分としては1番好きなスラヴォイ・ジジェクの言ってることが知りたくて、そのためにはカント、ヘーゲル、ラカンを通らなきゃいけないんです…しんどい( ˙᷄ỏ˙᷅ ) 笑
日本語でラカン入門するには、斎藤環さんの『生き延びるためのラカン』をまず読んで、次に、向井雅明さんの『ラカン入門』を飛ばし読みして(その段階で精読は無理)、同時に松本さんの『人はみな妄想する』を精読するといいかな。あとはフィンクと赤坂和哉とか。
ジジェクは、少なくとも「何々は対象aだ」と言われて、あーそうそうとわかるようになってからですね。『斜めから読む』あたりをオススメします。フロイト・ラカンは用語辞典もあります。入門書に加えて事典も使うべきです。 twitter.com/mercymercymarc…
ジジェクの鼻の頭をこする癖が気になりすぎて彼の講義動画は見ることができない
ジジェクの怒鳴り散らし(比喩)ぶりは見ていて面白い(スラヴ系訛りの英語で)
ジジェク。相変わらず凄まじく訛った英語だなぁ(笑)
ジジェクの英語いつもながら聞きにくいぜ。2分でギブアップ。
ジジェクが喋ってるのを聴いてると、デリダはデリダ〜でわかるんだけど、ラカンはラッコン〜って発音するから、一瞬動詞のreckonかと思ってしまう。ちなみにフーコーはフコ〜、である。
そういえば、ジジェクが何かの討論で、ドーキンスのことをbullshit、と言ってた気がするんですよね…ぼくのリスニング力は全然不完全なのでアレなのだが。でもそう聞こえた。
ジジェクの本を買ったがさっぱりわからない。
ジジェクはもっと薄く本を書くよう努めてほしい。
シンジュクがジジェクに見えたので引きこもり読書したいです。
ジジェクはどの本でも結局同じことを書いて終わりがちだから全部読まなくていいよ(潔いと言えば潔いが)
排除の対象となるような、システムに混乱や腐敗をもたらす原因は、実は原因ではなく、システムそれ自身の膿が集まって目に見える形になったものなのだ。
ジジェクの豊富な例証をまとめるとこういうチンケな同語反復になってしまうのは、ジジェクは小説として読むのが適当だということを示している。
宮台あるいはジジェクみたいな感じでトランプを歓迎するのは分からなくもない。ジジェクは後にいつものイロニー芸でしたみたいなこと言って撤回したが、宮台の方は理性の狡智的にトランプを見ている。それはやはり残念ながら正しい。ジジェクも実はそうだろう。ロマンティックヘーゲル時代の風景だ。
ジジェクは「現実の死」と「象徴的な死」のズレが亡霊を産むと論じているが、遥か昔に「現実」には死んでいたPIPもようやく「象徴的な死」を迎えることかできるということか。果たして濱野氏は亡霊を成仏させることができるのか。
ジジェクは『イデオロギーの崇高な対象』で「哲学的反省」に還元できない「再帰的反省」の重要性を指摘する。所詮「哲学的反省」とは「自省」であり、そこにはアイドルやオタクとの「転移」は存在しない。濱野氏の言う「反省」とは単なる「哲学的反省」にすぎない。
アルチュセールやジジェクにも同じような印象を覚える節がある。ジジェクは色眼鏡だと自称するからまだ衒いがあるけど、こういう「いつでも見られている」という感覚が慎みではなく不安を誘発しているようなことを言う人はどうにも精神病臭くてのれない。 twitter.com/hahaha8201/sta…
三ヶ月でジジェク化を目指す批評界のライザップみたいなのをやるか。
3ヶ月でジジェク化とか確かにライザップ感がある。
@yaseinosikou ジジェクみたいに路上に出てきて活動する有名な知識人もいますよね。そういう活動する知識人が理想でしょうけど、日本では有名な知識人で活動する人は少ないのかもしれませんね。
市民と一緒に政治的な活動をしている学者さんとかなら、いっぱいいるんですけどね…。
ジジェクも「〜にすぎない」を連発するんだな。
「AはBである」と「AはBにすぎない」とでは違うのか。AをB以上の何かと捉えてる人たち全員に、ある特定の価値判断を投げかけているのか。
煮過ぎたらどうなるのか。ジャガイモみたいにどろどろになるのか。むしろ食感が固くなるのか。
ジジェクというのはベケット派よ、完全に。これはさっきのベケットのパラフレーズのようなもの。《行為は、可能なことの領域への介入以上のものである。ひとつの行為は可能なことの座標軸そのものを変化させ、その結果、それ自身の可能性の条件を遡及的に創出する》(ジジェク)
ジジェク、単純な話を無限に複雑に見せかける才能がある。というか修論でジジェクを扱ったという横山先輩の解説が分かりやす過ぎた。
ジジェクもしやお前同じ話ずっと繰り返してるな?

コメント

名無しさん

ジジェクは日本来ないんかしら。前に東浩紀さんとかが招待したいって言ってたけど。

名無しさん

いま斎藤環さんの『生き延びるためのラカン』読んでるよ~~ラカンとかジジェクちょっと勉強するとものの考え方捉え方がだいぶ進歩する気がする

名前:

文字カラー:

※ログインするとTwitterアカウントでコメントすることができます!(→ログイン

コメントする

話題のトピック!

公式ツイッターアカウント!

新着トピック!

ランダムピックアップ!