「知的障がい者を嫌悪をしないように教育するのは不可能だしするべきでない」←これってほんとなの?

青識亜論さんのつぶやきが物議を醸しています。知的障がい者であるというだけで嫌悪をしないように教育するのは不可能だし、多様性を認める観点からするべきではないというのです…。

コメント
知的障がい者の当事者家族という方から、「知的障がい者であるというだけで嫌悪をしないように教育してほしい」という旨のリプライを頂いていますが、私はそれは不可能だし、なされるべきでもないと思います。多様性を認めるということは、嫌悪を抑圧することではないと、私は考えます。
そのとおり
「多様性とは嫌悪の抑圧ではない」

至言ですね。
この投稿は、はっとさせられた。
多様性を認める≒嫌悪を抑圧する
だと、どこか思っていたから。
感情まで縛るのは思想統制で個性の否定。寛容であれど関わらずが大切。
これを批判するのってさ『私の認めるものしか世の中に出てはいけない!』って言ってるようなもんだよね。
これは正論。生理的嫌悪というのは表出しないようにすることはできてもその感情を失くすことは基本的に無理。嫌悪するからといって攻撃的になってはいけないと教育することはできるけれど。けっきょく表面的な取り繕いに終始しそう。
難しいことだけどそのとおりだよなあ。嫌悪しないように強制すれば強制される事に不満が貯まるだろうしいずれその不満は障がい者に向けられるだろうね。

最低限出来るのは嫌悪を表に出さないようにすることかなあ。思う事は仕方ないとして。
嫌悪に関する一連のツイート、究極的には内心の自由についてのみ言及してると思ってる
もちろん差別やヘイトは善くないことだし、嫌悪を誰彼構わずぶつけたり論の正しさの証左とするのは不当だという前提の下で、それでも何かを嫌いだと思うことそのものを外部から矯正すべきでない、って旨なのでは
そりゃ何かが嫌いであるってことは嫌ってる本人にも嫌われてる対象にも快いことではないし、嫌いなものなんて無いなら無い方が良いんだろうけど、我々が内心の自由を持ってる以上それを踏みにじってまで治すってのはあんまりじゃないか
これ。
障がい者は言われる側としてはたまったものではないみたいな話よく聞くけど、私支援学校で育ったから知り合い障がい者だらけだし、ていうか親兄妹がまず障がい者だし、色んな奴見てきたから言うけど
正直そんなあれこれ考える必要ないと思うよ
気持ち悪い奴は気持ち悪いでええやん
もっとはっきり言えば、公共施設でうあーうあー言ってる奴なんか浮きまくりだし、それで損する奴って誰よ?
気にする奴だけやんそんなの
好き嫌いは個人の自由でいいよ
私も仕事の同僚に障がい持ちの人間て気持ち悪いなって言われたことあるけど
正直に言っていいでしょ
社会学、生物学的に人は異常な存在を排除するようにできている。それが『正常』な反応だ。その上でこの『嫌悪する』を、『心に嫌悪感を抱く』ことと『実際に何らかの手段で排斥する』の二つに分けよう。前者は『是認』、後者は「障害者の人権を毀損しない、つまり法律の範囲内で『容認』」すべきだろう
リプの中に「理解を深めれば自然と嫌悪しなくなる」というのがあって背筋が寒くなった。そういう「正しさ」の押し付けみたいなのってすごく怖い。
わたしはせいしきあろんさんの考え方の方に共感する。嫌いなものは嫌いでいいし、そう発言してもいい。でも自分の方が「正しい」とは思い込まないこと。
大事なのは、「嫌悪しないこと」じゃなくて、「嫌悪の対象を迫害していいわけじゃないと知ること」の方だと思う
相手がどんな属性でも「嫌いな人」は絶対に出てくる
そういうときに、嫌いなら仲良くしなければいいだけなのに、「嫌いだから迫害しよう」ってのがいじめという犯罪につながるんだと思う
鬱病の身内いるけどあれを嫌うなと周りに言う気にはとてもならんな
なんせ身内ですら嫌がるくらいだからな!
そんな物をアカの他人に容認しろなんてとてもとてもw
嫌悪しないという抑圧が、より隠れた陰湿な攻撃性を高める。
知的障“がい”と書かせるのも嫌悪を抱かせない教育の一環ですかね.何の解決にもならない.
面白いのはこのツイートに反論してる割には嫌悪感丸出しの奴がいる事だ。
知的障がい者の当事者家族という方から、「知的障がい者であるというだけで嫌悪をしないように教育してほしい」という旨のリプライを頂いていますが、私はそれは不可能だし、なされるべきでもないと思います。多様性を認めるということは、嫌悪を抑圧することではないと、私は考えます。
“え? 何様でいらっしゃるんですか? ”
多様性への考え方が浅い。
こんなこと書く意味は何?
こいつ違反チャレンジでもしてんの?
差別全開。
これは報告案件。何を言ってるんだこいつは。目の前にいたらぶん殴る。ど突く。絶対許さん。
差別することが多様性ねぇ・・・。
もとから障害者差別しようと気持ちが満々だし。
お宅が嫌悪しようが好きにすりゃいいが、人前で話すな。ましてや行為行動をするな。という話しですよ、お分りですか?クソ野郎💢💢💢
「知的障害者であるだけ」で嫌悪を表したら、それはヘイトなので、叩きますよ。わけわからんことを言わないでね。
何言ってんだ、こいつ?内心における人の嫌悪感情なんて、それこそ他人にはどうすることもできないに決まってんだろ。問題はそこじゃなくて、それを公共空間で発露するかしないかで、「発露するのはやめて欲しい」って思うのは当たり前だし、迂闊に発露させないような教育するのも当たり前だろうに。
@asylofsoul 多様性の認識不足です

なんでも許すのが多様性でなく

他者の尊厳を尊重し認める

嫌悪や偏見を許すのは怠惰なポピュリズムと変わりが無い

この方の論理で言えば
差別を容認していると感じる
青識亜論、全く差別を理解できとらんし学んだ様子もなく遺憾。

ある集団へのステレオタイプに感情が加わったのが偏見、偏見に基づく言動が差別であるが、ステレオタイプや偏見を無くす教育は可能。

ある集団への嫌悪や憎悪はヘイトクライムに繋がる反社会的で多様性を阻害するもの。

無知。
@dokuninjin_blue 相変わらず馬鹿を晒してるのか。
『知的障害者である』というだけで『嫌悪が湧く』のは、知的障害者のことを『イメージだけでしか知らない』上に『自分達と完全に異なる存在』と考えている=社会に寄与しない『余所者』としか考えていないからだ。
それが『差別』なんだよ。
@oku3ma3 @xiongmao53 青識亜論さんはいつも、タラタラと屁理屈を捏ねて結局は”少数者・弱者を嫌う自由”ばかり主張していますね。そのことはご本人が一番解っていそうです。
@oku3ma3 @yokyun68k 青識って人、主張にバックボーンを感じないというか、拠って立つ思想や信念がわからないというか、
ツイートを読んでも何が言いたいのかさっぱりわからない。
@oku3ma3 @xiongmao53 ずれていると思ったけど、無知がベースの思い込みのようですね。正論を言ったつもりでいるから、始末が悪い。一定数の賛同もあるし。
@white_shiitake @xiongmao53 差別はダメだという建て前ですが、ヘイトスピーチの表現の自由を擁護してますからね。
差別主義だけでなく、国家でもないのに表現の自由(憲法)を守ろうってナルシシズムも患ってるかと。。。

あ、言い過ぎましたかね?(笑)
叩かれるの覚悟とかではなく、この言葉が確実に誰かを深い傷を与えることに無自覚すぎることをただ、私はあっけにとられている。
何か勘違いしているようだが、道徳とは他者を思うことから始まるのであり、好む嫌うのことに対して、問う良心を持ち合わせないのは、右翼、左翼以前の問題。カント読め
それにしても、これに1500以上の「いいね」がつくのは地獄だな。

@dokuninjin_blue 差別主義者が嫌いだから差別主義者を嫌悪していいということかな?

日本から出ていけよ

コメント

1.
名無しさん

ドラッグストアでバイトしてたときに、お客さんで明らかに知的障害の人がいて…
その人が店の外からガラスにへばり付いて何時間も凝視してきたりして、それから知的障害が怖くなったし嫌いになった。
結局怖くてそのバイトはやめたけど、正常な判断ができないって本当に怖いと思う。

名前:

文字カラー:

※ログインするとTwitterアカウントでコメントすることができます!(→ログイン

コメントする

話題のトピック!

公式ツイッターアカウント!

新着トピック!

ランダムピックアップ!