小田嶋隆さん「障害者の "害" の字に悪い意味があるとか言ってるやつなんなの?」

小田嶋隆さんが「障害」の「害」の字に悪い意味があるため「障がい者」などと表記しようという世間の風潮を批判してます…。

コメント
前から言っていることだけど、障害の「害」の字に悪い意味があるというのなら、日本経済新聞の「経」には「首をくくる」という意味があるし、讀賣新聞の「賣」には、「裏切る、あざむく」のほかに「売春婦」の意味があるよ。
経→「首をくくる」と、賣→「うらぎる、あざむく」は「新選漢和辞典」に、賣→「売春婦」は「日本国語大辞典」に載っています。 twitter.com/888Fuku/status… pic.twitter.com/1DRTfCisOu
@tako_ashi そんなことまで考えるバカいねえよ
何が言いたいのかわからない。障害者という言葉が悪い単語ではないということ? twitter.com/tako_ashi/stat…
これは何が言いたいんだろう。漢字の「害」使わず平仮名なのは障害者差別だ的な意見?それだとしたら的外れ。配慮してるからこその平仮名。本当は「碍」を使いたいんだけど使えない事情もある。 twitter.com/tako_ashi/stat…
その人の本質が障害であるかのように聞こえるから、障害者という表現はよくないと思う。

最近、障碍者という表現はよいなと思うようになった。ハンディキャップドパーソン。
全然違うレベルを、さも同列であるかのように言うってデマでは? 害が一字で持ってる否定的な意味は経や売の比ではない。そもそも後者は一字で完結してねーし。 twitter.com/tako_ashi/stat…
@tako_ashi 障碍と書くのが正しいのですが戦後の国語改革の結果、「害」を当て字に使って障害と書くように指導されました。「碍」は当用漢字表に無かったからです。本来「碍」には「害」が持っている英語のharmのような意味は無いのに、「障害」という字面がそのような印象を与えてしまうことが問題なのです。
@tako_ashi 経済の「経」という漢字を見て「首をくくる」という意味を連想する人は殆どいないと思われますし、読売の「売」を見て「欺く」とか「売春婦」という意味を連想する人も殆どいないはずです。経済や読売という漢字は戦前とは変わっていません。しかし「害」という漢字が人に与えるインパクトは強烈です。
@tako_ashi 言葉というものがひとびとのイメージ形成に大きな影響力を持っていることは文筆業をなりわいとする小田嶋さんもよくご存知のはずです。以上、この件に関して再考をしていただけたらさいわいです。
差別が「構造」であり、そのあらわれが構造に規定された行為の束であり、自身の特権はきわめて見えにくい、ということまで理解している人たちでさえ、少し「実感」の伴わない差別については突如あからさまの、もっともやっかいな種類の差別肯定論者になるのです。
機知というものが、そのみすぼらしさと限界を、もっとも無残なありようとしてあらわす瞬間が、このような物言いであるといえるでしょう。
twitter.com/tako_ashi/stat…
難しいことはわかりませんが、「害」の時にはマイナスの意味しかないような。
「経」「賣」には良いイメージの意味もあると思う。
小田嶋隆さん、切り口が鋭くて好きですけど噛みつかれるとめんどくさそうです。
頭の良い人は難しいなぁ。
賢い人たちの言ってることが理解できるようもっと勉強します。 twitter.com/tako_ashi/stat…
前から言っていることだけど、障害の「害」の字に悪い意味があるというのなら、日本経済新聞の「経」には「首をくくる」という意味があるし、讀賣新聞の「賣」には、「裏切る、あざむく」のほかに「売春婦」の意味があるよ。
経→「首をくくる」と、賣→「うらぎる、あざむく」は「新選漢和辞典」に、賣→「売春婦」は「日本国語大辞典」に載っています。 twitter.com/888Fuku/status… pic.twitter.com/1DRTfCisOu
そうなんだよね twitter.com/tako_ashi/stat…
これぞ正論。 twitter.com/tako_ashi/stat…
@tako_ashi 前から言っていることだけど。経、売にはそういう意味がありますか。
@tako_ashi あはは。民主主義の『民』は、目を潰された奴隷の意味だしね。
@yazaki_ken @tako_ashi これも、言葉狩り、ポリコレ棒の一種ですよね。
八つ当たりだとわかってるんでしょうけど当たりたいんですよ多分「害」の字に。 twitter.com/tako_ashi/stat…
妙なところに過敏すぎるだけ
今まで通りに戻すと良いのにね

実際、障がい者が素のままに振る舞うと【害】を及ぼす事になるのは事実にある twitter.com/tako_ashi/stat…
障害者と接する機会のない人ほど、ムダに表記にこだわるよね。普段からフツーに障害者が周りにいる人はあまり気にしてない。てか、障害者本人が気にしてないことが多い。むしろ表現を変えるだけでごまかすなという障害者も。 twitter.com/tako_ashi/stat…
@tako_ashi そうですね。
「婦」は、女が箒を持っているから差別というのもありましたが、それも疑問。「女」は足を広げている象形文字だし、「男」は田んぼの労働力。「民」は目を潰された人の象形文字。
漢字そのものの成り立ちが問題だが、言い出したらきりがない。
「子供」をわざわざ
「子ども」と書くのも、
いい加減にして欲しいなあ。

「供」の「付随物」という意味から
「子供は大人の付随物である」
と連想され、差別的だ
という指摘があるんだってさ。

「子ども」と書くなら、
「悪ガキども」「不良ども」
「悪党ども」「馬鹿ども」と
かえって混同するよ。 twitter.com/tako_ashi/stat…
@tako_ashi 前レスの方が正解。本来の表記である「障碍」の「碍」は、「碍子」のように接続を断つ意味なので、「害」の持つネガティブさはなく、本来の機能が妨げられているだけという、より人間的なイメージに読み取れます。「碍」を常用漢字にすれば済む話かと。「障碍」で普及させれば数年で定着します。
@tako_ashi 「白くない豆腐があるように,緑のリンゴや黄色のメロンもあるぞ」と述べたのに対し「実はそもそも豆腐は白いんですよ」というありがたいご教示がいっぱいぶらさがっているの笑うしかない。twitter.com/tako_ashi/stat…

コメント

1.
名無しさん

テスト

名前:

文字カラー:

※ログインするとTwitterアカウントでコメントすることができます!(→ログイン

コメントする

話題のトピック!

公式ツイッターアカウント!

新着トピック!

ランダムピックアップ!