日本の政策のダメなとこ、自分の思いつきに都合の良いデータばかり持ってきて論拠を固めようとする。

「日本の政策のダメなとこ」というつぶやきに共感の声が集まっています。日本政府は自分のアイデアに都合の良いデータばかりを集めて、都合の悪いデータは無視してしまう傾向があるのだそうです…。

コメント
日本の政策。ダメだなぁ、と思うのは、何かしらの思いつきがあってそれに都合の良いデータを持って来ようとすること。何かしらを確かめる際に重要なのは、むしろ思いつきに都合の悪いデータを探して来てそれがどの程度深刻な重要性を持っているのかを確かめることなのだけど、逆になってしまっている。
この視点は大事! twitter.com/kankimura/stat…
自分達に都合のいい軽~い 思いつき 
を無理やりでっちあげる。
確かに......。 twitter.com/kankimura/stat…
これ、単なる印象論ではなく、事実としてそうなんだよなあ……。 twitter.com/kankimura/stat…
成功の道筋だけ描いて「問題など起こらない!」ってやつですかね… twitter.com/kankimura/stat…
人はこのような都合の良いデータを捏造という。 twitter.com/kankimura/stat…
そもそもマスコミの言う「取材」がそういうものだしなぁ twitter.com/kankimura/stat…
@kankimura ストーリーありきで番組に素材を合わせるNHKのクソディレクターっぽい。
@kankimura これは政策にかぎらず、ほとんどすべての人や組織に言えることかもしれませんね。
「物事を自分が見たいように見る」人はネットでも実社会でも掃いて捨てるほど見かけるけど、政策を立案・実行する者が同じことをするのはダメですね。 twitter.com/kankimura/stat…
データが意思決定や承認取るため「だけ」のものになっていて、
本質的にちゃんと確かめたのか、どれくらい深刻なのかは、「そこは、この政策をやりたいと思ってる君がちゃんと考えてるんでしょ?」
みたいな感じで、
政策立案の属人化と、意思決定との乖離の構造があるような。。 twitter.com/kankimura/stat…
@kankimura それどころか、働かせ方改案に見られるように、都合の良いデータを捏造してまで政策をすすめてる。かつてから、鉄道や高速道路や空港建設やダムなどの需要予測では普通に行われてきたけどね。だから日本の政策は社会問題を解決するどころか問題を次々に生み出してダメな国になるんだけど。
エビデンスに基づく政策形成(evidence-based policy making)」(EBPM)が政府内のバズワードになってて、エビデンスなんていくらでも都合よく作れるから、ますますこの傾向が悪い意味で強くなりそう。日本の政策のすべてが「リフレ政策」みたいに”一見科学的”風でも機能しないものが指示される的な twitter.com/kankimura/stat…
目的のための手段ではなく、手段のための目的が常套化してるから。それは別に政治に限ったわけではなく、他の分野でもここ四半世紀の日本人は常に手段ありきで目的を構築してきてるから。 twitter.com/kankimura/stat…
@kankimura 政治家は選挙勝ちたいだけですから多数の国民にそれっぽく思わせればいいわけで。
民主主義が人気投票システムである以上、政治レベルを上げるには国民のレベルを上げるしかありません。が、そんなこと不可能です。
彼らは、研究の世界には入ってこないでほしいですな。
「事実」を捏造し、「成果」を盗用し、剽窃しそうな匂いがプンプンする。

お金だけくれれば、それでいい。 twitter.com/kankimura/stat…
「日露戦争で勝てたデータがあるからアメリカにも勝てるだろう」

やっぱり成長してねぇ twitter.com/kankimura/stat…
外野で何言っても無駄。貴方が変えなさい。出来ないなら何言っても変わらない。 twitter.com/kankimura/stat…
最悪を予想するのが政治の仕事なのかもしれない twitter.com/kankimura/stat…
このことよく考えてほしい twitter.com/kankimura/stat…

コメント

名前:

文字カラー:

※ログインするとTwitterアカウントでコメントすることができます!(→ログイン

コメントする

話題のトピック!

公式ツイッターアカウント!

新着トピック!

ランダムピックアップ!