Amazonで暗躍するあやしい中国アカウント・複アカを使ってレビュー評価を操作!

中国のあやしいビジネスセミナーで紹介されているAmazon進出メソッドが話題になっています。大量のアカウントを使って自社の評価をアップさせ、ライバル社の批判を繰り返して評価を下げさせようとするというのです…。

コメント
最近、中国の個人や中小企業向けに、日本のAmazonに進出する為のセミナーがあちこちで開かれていて、そのメソッドがえげつない…という話が興味深かった。

という内容のツイートをしたけれど、長くなったので、画像にまとめました。 pic.twitter.com/HrQCPZq9sT
中国の業者の中には、真面目に誠実に日本進出を目指している人たちも沢山いると思う。しかし、こういう手段の定着化にアマゾンジャパンが具体的な対策を講じない現状、日本のAmazonはますます無法地帯になるし、もう止められない段階に入りつつあるのかもしれない。
えぐい。
やべえよ、やべえよ
悪意まんまん
詐欺じゃん…。
うわー本当にえげつない。正直嫌悪感しかない。考え方や行動が無理。
えげつないと言うか、頭良い。
すごいと思う。
やることが狡いし気持ち悪い
腐敗しかない
なんてこった……
あからさまに日本語がおかしい⭐️5レビューが並んでる業者は自演かなと思ってたけど、他を引きずり下ろす為にそこまでやるとは
Amazonで高評価が異常に多い商品ってレビューの日本語がちょっとおかしいから察しがつくけど…最近は信用ならないね。特にスマホ周辺機器
おっ評価高いな、と思って開くと「日本語ガバガバの日本人(だいたいフルネーム)」がずらっとレビュー欄に並んでてそっとじするんだけど、そういうのに気付けない人が騙されるんやろなあ…
同じ手法を中国だけでなく日本の会社もやってる可能性あるよなぁ
購入する側もレビューや星の数だけでなく、見慣れない会社ならきちんとググることが重要だな
これはけっこう有名な話で、中国に限ったことでもなく、日本の中小店舗さんも同じようなことをしている事例をチラホラ聞くことはありますよなう。
食べログとかでもボッタクリ居酒屋を見抜くのに「評価が1と5に偏ってるのは地雷店」とかあったんだけど、近頃はボッタクリ店側も学習して評価を4とか3とかにして評価だけじゃ判りにくくなってるのよね…
(レビュー読めば明らかにおかしいのあるけど)
まあ簡単に言うと、
日本人は右習えのバカだからAmazon評価しか見ないで買う
って事かな。それを中国人に見抜かれてると。しかし競合他社の潰し方がえげつないな。陣取り合戦は自国でやって欲しいね
アマゾンジャパン、相変わらずザル運営やな
確かに最近のamazonの評価は当てにならんよな。 #Amazon
やっぱ公式ストアかアマゾン公式が出品してるものを買うのが1番やな
【知っていた定期】

コメント

名前:

文字カラー:

※ログインするとTwitterアカウントでコメントすることができます!(→ログイン

コメントする

話題のトピック!

公式ツイッターアカウント!

新着トピック!

ランダムピックアップ!