両論併記の罠!デタラメな意見に説得力があるかのように見せかける手法!

二つの意見を対置して紹介する「両論併記」の手法に警鐘を鳴らす声があがっています…。この手法はデタラメな意見に説得力を持たせるためにしばしば使われるテクニックなのだそうです…!

コメント
view
「フェイクとどう戦うか」朝日新聞(11/28)
ホロコースト否定論者と戦ったリップシュタット教授。「紛れもない事実に対して両論併記をしてはいけない」と。 pic.twitter.com/VD7XC5OCoZ
BS-TBSの番組で紹介された、映画『否定と肯定』内の台詞。まず「肯定派と否定派の二つの見方がある」という構図を作り出し、あたかも両方の意見に一定の説得力があるかのような事実誤認へと受け手を導く手法は、小池百合子東京都知事が関東大震災後の朝鮮人虐殺問題でとっている態度とピッタリ重なる。 pic.twitter.com/1ZPdi8M6tp
物事を多面的・多層的に深く考えるのは疲れるので、単純な二項対立の図式が好まれる。安倍政権とその取り巻きは、単純な二項対立の使い方が上手い。そして大手メディアも、その図式に乗った方がラクなので、官邸が提示した二項対立をそのまま国民に流す。政治問題も全て、与党対野党の二項対立にする。
自分はA派とB派のどちらにも立たない、という一見バランスの取れた態度をとることで、今現在有利な側に擦り寄る人も結構いる。当座のリスク回避としては、この立場が最強のようにも見えるが、1930年代のドイツで「自分は親ナチでも反ナチでもなく中立だ」と傍観した人々は、自分で自分の首を絞めた。
両論併記の罠の罠。2つの見方があると思わせて大衆を事実誤認に導く方手法が有ると警告して一方的な自らの主張が正しいと大衆を導く手法。 twitter.com/mas__yamazaki/…
両論併記とは現代に現れた「無責任の体系」の最終進化形態であろう。それは、実施することどころか、考えることについても責任を取らない。
脊髄反射でとりあえずなんでもどっちもどっちって言って高みに立とうとするやつが、この構図にまんまとハマるよな。 twitter.com/mas__yamazaki/…
混乱を招いて事実から目を背けさせようとする姑息な態度💢 twitter.com/mas__yamazaki/…
ポスト真実ってやつか。真実は一個しかないのに、その事実を操作してしまう。 twitter.com/mas__yamazaki/…
「両論併記」 地学とかで地球についても「地球空洞説」と「地球平面説」の2つの見方がありますわね。 twitter.com/mas__yamazaki/…
両論併記だけではダメで、それぞれのバイアスの見える化が必要。一つの意見が正しいとするのは全体主義につながり、リスクが高い。 twitter.com/mas__yamazaki/…
「#両論併記のワナ」は

片方の意見が全くのデタラメでも
並べた他方の意見(通説など)の力を借用して
あたかも両方の意見のどちらにも同じく
説得力や信ぴょう性があるかのように見せ掛けて
事実誤認を誘うことができる

#我那覇真子 らのデマ拡散記事が紙面を占める
#八重山日報 の意図を理解した
歴史修正主義の「議論の捏造」による「足止め効果」というやつですね。
d.hatena.ne.jp/rna/20080104/p1
"「ややこしそうな話だな」とか「ちゃんと勉強しなきゃ見極められないな」とか「あとで読む」などという態度保留の反応が引き出せたら、それは歴史修正主義側に有利にはたらきます。" twitter.com/mas__yamazaki/…
@CybershotTad 両論併記なんて何にでもさせようとするのは安易ですよね。中学生も良い点は~悪い点は~と作文させられる。無理やり書く。自分の中で整理つかなければ併記もありだろうけど。テクニックとしての両論併記が先走ると、歴史の認識とかおかしくなると思う。
この映画は是非見なくてはならないと思う。そもそも本当に「肯定派と否定派の二つの見方がある」という構図とは限らないのに、そういう構図自体からねつ造されることだってある。世の中ってそんな単純じゃないのに。 twitter.com/mas__yamazaki/…
@CybershotTad さすがにデタラメとの両論併記は論外ですね。たとえば旧日本軍がやってもいない(研究者も認めてないような)行為をでっちあげて、肯定説と否定説の両論があります、なんて書いたらみんな怒るでしょう。
これ、両論併記が問題ではなく、肯定派否定派いずれもどういう証拠や論理に基づいているのか批判しないリテラシーが本当の病根でしょ。 twitter.com/mas__yamazaki/…
これ自体は間違ってないんだけどな。
あらゆる事に関して、「正確な情報」を持ってる人はかなり少数派。
実際には同じ情報でも様々なスペクトルを持つ人達が散らばっているので、2論どころか10人10色の状態にある。
それを1つにまとめたり、2つに制限したりするのが、両者やメディアの手法。 twitter.com/mas__yamazaki/…
この『両論併記の罠』はネトウヨの常套手段。

これだけでも頭に入れておくべき。

twitter.com/mas__yamazaki/…
両論併記って公平性を判断できない連中にとって使い勝手の良い逃げの口実になっている
解説のとおり、歴史認識については右派による両論併記が今も行われており、小池都知事の発言も許されるものではないが、現状が昔よりもさらに複雑かつ深刻なのは、左派による両論併記が安全保障や原発問題などで行われている点ですね。前述のマスメディアや山崎雅弘氏にも十分注意する必要があります。 twitter.com/mas__yamazaki/…
@mas__yamazaki 一方的な議論を防ぐために、提起されている一定の妥当性等を持つ主張全てテーブルに乗せることは悪いことではない。
しかし、妥当性等の高い主張と低い主張を同列に扱うことは、妥当性等の低い主張を「五分五分」の位置まで不当に引き上げるので、誤っている。
@CybershotTad 懐疑的な態度は一概には否定できませんが、物事の真偽や正否を検証することができるのは厳然たる事実や否定できない解があるという条件が前提なので、何でも議論の対象にするのはおかしい。それは例えばゼロに何らかの数を掛け合わせればゼロ以外の数になるかもしれない、というのと同じこと。
@CybershotTad @amneris84 立場を変えて考えると、これはとても危険な考えではないでしょうか?

例えば、世間が「これは紛れも無い真実である」と信じて疑わないことに対して、自分が異を唱える立場だったことを考えて下さい。

自分が何を訴えても、その言葉は完全に無視され、反論すら貰えないことになります。
@CybershotTad @amneris84 ホロコーストのようなことであれば、この考えは害にならないかもしれません。

しかしこの世には、圧倒的多数が真実だと信じて疑わないことに対して、異を唱えなければならない事があるはずです。

その時、それが完全に黙殺されてしまう社会であってはいけない。正しく反論することが大切です。
@CybershotTad いや両論併記はともかく、議論の余地があるのは間違いではないのでは?議論しないと、これまでに積み上げた膨大な証拠を叩きつけることもできない。そのうえで意見を変えないのは議論の余地の問題ではなく、議論する能力の問題。相手と同じレベルに落ちてはいけない。
@mas__yamazaki @KazuhiroSoda 世の中は白か黒かの二元論ばっかり。安倍政権否定か肯定か。中間派の存在を認めない。山崎さんなんか安倍政権は全否定だもの。是々非々という考えはない。
@CybershotTad 「紛れもない事実」とは、検証に耐えられないドグマのことなんだなぁ。
これは大事だわ。
きちんとみんな読んで覚えて欲しい。 twitter.com/mas__yamazaki/…

コメント

名前:

文字カラー:

※ログインするとTwitterアカウントでコメントすることができます!(→ログイン

コメントする

話題のトピック!

公式ツイッターアカウント!

新着トピック!

ランダムピックアップ!